令和2年度 長野商工会議所青年部スローガン

Take The Lead!

おもいやりと魅力・活力溢れる長野を創ろう

単会会長所信

「商工会議所は、その地区内における商工業の総合的な改善発達を図り、兼ねて社会一般の福祉の増進に資することを目的とする。」
商工会議所法第六条の記述です。青年部は、青年経済人としての資質向上と会員相互の交流を通じて、商工会議所活動の一翼を担う為の組織と位置付けられます。まずは、長野・篠ノ井・松代それぞれの地域で、商工会議所が核となって実施してきた事業に参画することを基本としますが、単なる手伝いに終わることなく、青年部の事業として主体的・発展的に取り組み、地域の魅力と活力の創造に今まで以上に貢献していきます。
長野商工会議所には11の部会があります。会員は業種に応じていずれかの部会に所属していますが、部会の委員にならない限り所属すら知らない会員が多いのが実情です。部会は、業界の動向や経営問題についての調査・研究、情報交換を行い、同業種や関係業種の会員との交流を深める場であり、業界の声、会員の声を商工会議所事業に反映させるための重要な組織です。その部会に青年部として積極的に関わっていくことで、商工会議所の目的達成に寄与したいと考えます。
昨年10月、台風により近年経験したことのない災害が発生し、人的被害はもちろんのこと、物的被害も甚大で、観光業・飲食業など間接的にも大きな経済的ダメージを受けてしまいました。そんな時こそ地域の青年経済人として、おもいやりの精神をもち率先して復旧復興を進めていくべきです。行政への提言を含めて、様々なかたちでのアクションを模索し、実行します。
昨年度、我々は全国会長研修会「信濃の國 ながの会議」を主管し、一致団結して臨み、成功裡に終えることができました。今年度はその経験を活かし、長野YEGを次のステップへと進化させ、自企業と地域社会発展のために貢献する絶好の機会となります。率先垂範し、おもいやりと魅力・活力溢れる長野を創造して参ります。

令和2年度会長 五明 久昇

運営方針

1)それぞれの地域の特色を活かし、活性化事業に取り組もう

2)行政と積極的に関わり、地域経済の発展へ繋げよう

3)親会との関係をより緊密にして商工会議所活動を展開しよう

4)積極的な交流や会員拡大により仲間の輪を拡げ、共に研鑽しビジネスチャンスを掴もう

5)日本YEG各種大会・事業へ自発的な参加をして、長野の地域づくりに活かそう

6)会員がより活動しやすい環境を整え、組織運営を強固にしよう

活動記録・報告

活動記録・報告について

詳しくはこちら

青年部の歴史

青年部の歴史について

詳しくはこちら